セフレ募集掲示板より簡単な出会い系サイト2018-ピュアセフ

援交待ちしている女性をセフレにする方法があった!?

投稿日:

援交待ち女性をセフレにする方法はある?

援交待ちしている女性ならば、初めて会う男性とのセックスに対して抵抗感が少ないことは確かです。

セックスの対価としてお金を貰うことが、時にはセックスを行うためのハードルを引き下げることに繋がっています。

1度セックスを行うことが出来れば、最初のキッカケが援助交際であってもセフレ化する手段があると知れば、援助交際が楽しくなるはずです。

援交女性の本当の目的を知ればセフレ化出来る女性が分かる

援交女性と出会う方法には、ナンパや出会い系サイトといった複数の手段がありますが、中でも出会い系サイトならばスムーズに最初のセックスに持ち込めます。

ただし、出会い系サイトには援デリ業者と呼ばれる違法風俗店の従業員女性がいるので、援交女性選びとして最低限援デリ業者回避方法を身につけておかなければなりません。

援交女性のタイプを3パターン知ろう

援助交際を行っている女性には、援デリ業者を覗くと3タイプに分類出来ると知っておけば、最初からセフレ化出来る女性を絞り込めます。

お金の関係が無ければ絶対に会わない、売春を生業としている女性をセフレ化することは困難を極めるからです。

実際には更に細かく分けることも可能ですが、セフレ化しやすい女性とアプローチ方法を見分けるためには、次の3タイプで十分です。

生活のために援交しているセミプロ女性

援助交際を行う目的として、男性から受け取るお金のみに関心があり、ホテルに入るとセックスだけを行いすぐに次の男性客の元へ行くセミプロ女性はセフレ化出来ません。

風俗嬢からもモテるホスト出身者でAV男優並のセックステクニックを持っていれば、不可能では無いかもしれませんが、効率面から相手にしても時間の無駄となりがちです。

セフレ化した後も不特定多数の客とセックスを繰り返すので、性病リスクも高くセミプロ女性と関わること自体が男性にとってもハイリスクです。

可能な限り最初に会う約束をする前に、セミプロ女性であることを見極めて回避することがセフレにしやすい女性選びに繋がります。

セックス相手探しが目的だけど貰えるものは貰っておくタイプ

出会い系サイトなどで援助交際を募集していたり、男性側から誘った時に条件を聞くといくらと答える女性ならば、セックス相手探しが目的の女性がある程度含まれています。

本当は性欲が高まる時期のために、出会い系サイトにてセックス相手を探しているにも関わらず、お金をくれるなら貰っておこうと考えている援交女性がいるわけです。

ヤリ目の男性ばかりからアプローチを受けていると、2万円や3万円といった金額を提示して怯まないだけの余裕がある男性を相手にした方が、独りよがりのセックスをしない男性だと過去の経験から知っています。

本来の目的はお金ではなく、より良い男性を選ぶための手段や自らを安売りしないというプライドのために条件を付けているだけに過ぎません。

セフレ化しやすい援交女性の典型的なパターンとなるので、お金よりもセックス内容自体に関心がある女性が含まれているわけです。

本気にならないために援交名目で理性を保っている

男性とは異なり女性はプライドや対面した時の恥ずかしさから、自らの性欲を隠して援助交際目的でセックスしているとアピールしている女性がいます。

あくまでもお金を得るためにセックスしているだけであって、どうせセックスするなら一緒に楽しみましょうという目的の順番を入れ替えた説明をする女性は、セックス内容次第でセフレ化しやすいです。

なぜなら、お金を受け取ってのセックスならば、相手にのめり込み過ぎないように自ら理性を保っている状態になるからです。

実際にセックスした時に、体の相性が良く何度でもセックス相手になって欲しいと感じた時には、ふとしたキッカケで女性の側からお金は要らないからまた会って欲しいと言い寄って来ます。

援助交際を名目として理性を保つタイプの女性だと感じたら、初回のセックスでは女性を何度もイカせる女性本位のセックスを心掛けると良いです。

▼合わせて読みたい▼

セックス相手探しが目的の女性なら次回約束を工夫する

援助交際の約束をして初回に待ち合わせをした結果、セックス相手探しが本当の目的としている女性だと判明したならば、初日のセックス後に次回約束を取り付けておくと良いです。

生理周期にも寄りますが、1週間~2週間空けた予定を目安とすれば、早すぎず遅すぎないタイミングとなります。

また、次回約束を取り付ける時に、初回に会う条件よりも下げて提案してみることで、セックス相手探しが本来の目的だと確証を得られます。

例えば、初回に会う時にホテル代別1.5万円だったならば、次回会う時にはホテル代別1万円で良いかセックス後余韻が残るうちに聞いてみるわけです。

お金が最優先ならば今回と同じ条件を強く主張するので、援助交際からセフレへの見込み無しと判断して、数日後にキャンセルすれば済みます。

次回条件を下げても良い場合には、会う回数を重ねるうちにホテル代だけ負担してくれれば良いと女性に言わせることが可能です。

時にはセックス無しでデートのみを楽しむことで、友達以上恋人未満というセフレならではの関係を築くことが出来ます。

援助交際目的で会っていた時よりも、セフレ化した跡ならば互いに性癖をさらけ出して、普段のパートナーには依頼出来ないプレイに挑戦可能です。

▼合わせて読みたい▼

理性を保つための援交なら初回のセックスでメロメロにしよう

援助交際として初めて会った日に、警戒心が解けない様子が見られたら、本当は性欲が強すぎて相手の男性を探していることを隠している可能性が高いです。

お金を受け取ってセックス相手をするという名目により、相手の男性と頻繁に会いすぎないように理性を保つための手段として援助交際を行っています。

セックスの相性が特別良いことを援交女性に意識させれば、次回以降はセフレとしてホテル代のみで会ってくれるようになるはずです。

初回のセックスを行う時に、前戯を特にじっくり行い挿入前に女性を腰砕けにすることが出来れば、半分セフレ化に成功したと考えられます。

挿入は次回のお楽しみとしてジョークでお預けを言った時の反応を見れば、理性を保つために援助交際という体裁を利用しているのかが判明します。

1回戦で終わらせずに、女性が満足するまで何回戦でも付き合ってあげれば、ピロートーク時にはメロメロになっているはずです。

次回以降は好きな時に呼び出すと、しっぽを振ってついてくるほどの淫乱なセフレとして確保出来ます。

▼合わせて読みたい▼

タイプ別に援交女性を分類すればセフレ化しやすい

援交女性を攻略してセフレを作るためには、最初からセフレ化の見込みが無いセミプロ援交女性を見分けるスキルを身に付ける必要があります。

セックスが主な目的であって、お金は貰えたらラッキーと考えている援交女性は、次回以降の援交条件を下げても会ってもらえるかで見分ければ良いです。

一方、自らの性欲に溺れないように援助交際という足かせを課している援交女性に対しては、初回のセックスを女性本位とすることでメロメロにすればセフレ化出来ます。

援交女性が男性と会う目的は複数あるので、セフレ化しやすい女性タイプを選んで、攻め方を変えてみるとセフレ化に成功しやすいです。

▼合わせて読みたい▼

-セフレ募集基礎

Copyright© セフレ募集掲示板より簡単な出会い系サイト2018-ピュアセフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.