セフレ募集掲示板より簡単な出会い系サイト2018-ピュアセフ

セフレ募集掲示板より簡単な出会い系サイト2018-ピュアセフ

女子大生をセフレにするための出会い方と方法

更新日:

 女子大生というとかなり範囲が広いです。

高校を卒業したばかりの女子大生と就職間際の女子大生では全然違います。

しかし、その違いを考えながら対応していくと女子大生をセフレにするというのは簡単だというイメージを持つ男性も多いのではないかと思います。

実際、セックスに興味のある女子大生はたくさんいます。

うまく立ち回りさえすればセフレにすることはできるのです。

そこで、女子大生をセフレにするための方法を説明していきます。

まず女子大生の特徴を知ろう

 女子大生をセフレにするためにはまず、女子大生の女の子がどういった特徴を持っているかをみてみましょう。

 

一般的には文系の子は時間があり、理系の子は時間がない

 女子大生といっても学んでいるものは全然違います。

大きく分けると文系と理系に分けることができます。

文系はわりと時間があり、バイトをたくさんしている子も多く遊ぶ時間もたくさんあります。

しかし、理系の子は実験やゼミなどで忙しく、あまり遊ぶ時間がなかったりします。

女の子が文系なのか理系なのかを踏まえ、対応していくようにしましょう。

尊敬できると思う大人の男性に弱い

 女子大生は少し前までは高校生でした。

それが大学生になったことにより接する相手が急に大人になります。

それだけに大人の男性に対し新鮮な感じを持つことが多く、尊敬できる相手にはとても弱いです。

しかも尊敬できると思う基準は、まだ若い分、同年代との比較で考えたりもするので、低くなっています。

そのため、高校生から大学生になったばかりの間は、大人にとれば特にセフレにするチャンスがあります。

お金に余裕がない女子大生が多い

 バイトをたくさんしている女子大生はお金に余裕があることもありますが、多くの女子大生は旅行にも行きたいしブランド品も欲しかったりとお金が必要だが、そんなにお金は持っていなく、下宿している女子大生になるともっと余裕はありません。

そのため、お金は出してあげなければなりません。

しかし、ここで大人の懐の大きさを見せることができれば同年代の男性との違いを見せることができ、最初から有利な状況で進めていくことができます。

女子大生になったばかりの年代の子は、これまであまり奢ってもらったりしたことのない子が多いです。

基本は割り勘なのです。

それだけに、普通に奢ってもらうというのが、男性が思っている以上に新鮮に感じたりするのです。

上級生になると就職活動などでプレッシャーを感じていることがある

 就職活動をしている女子大生は人生がかかっているためプレッシャーを感じていることもあり、ストレスが溜まっていることがあります。

大学生は時期によって、持っている感情が違うことがあり、そこはしっかり見極めていく必要があります。

女子大生との出会い方(場所・方法など)を考えよう

 女子大生は時間に余裕がない子もたまにいますが、時間を持て余している子もかなりいます。

そのため、あちこちに出かけていることも多く、全国どこにでも女子大生はいます。

その中で、ゲットしやすい場所を考えていきましょう。

街でナンパする

 女子大生は一般的には18歳~22歳なのでその年齢の子を狙ってナンパすればかなりの確率で女子大生であることでしょう。

1人でブラブラしている子を狙って声をかけていけばナンパに乗ってくれることもあるでしょう。

場所もどこでもよく、若い子たちが集まりそうな場所や、全国にあるナンパスポットといわれるようなところでナンパをしてもよいでしょう。

海水浴でナンパする

 女子大生たちの中には、ナンパ待ちをするために海水浴に行く子たちもいます。

もともとナンパをされに行っているのでグループで気に入られさえすれば、簡単にゲットできるでしょう。

ただし、グループで行っているので男性側もグループである必要があります。

また、うまくセックスに持ち込めたとして、家が近所であるかどうかはわからないので継続してセフレにするにはどこから来たのかを最初に聞いておく必要があります。

バイト先で出会う

 女子大生の多くがどこかでバイトをします。

バイト先で過ごす時間も長くなるので、そこで出会って仲良くなるというのもよくあります。

これは、比較的簡単なことですが、職場であるため、セフレにする前に、セックスに持ち込む段階で慎重にコトを進める必要があります。

出会い系サイトやマッチングアプリで知り合う

 女子大生は時間に余裕があり、異性に対し興味がある子もたくさんいます。

そのため、どこのサイトに行っても女子大生は多く登録しています。

女子大生を見つけるのは簡単なことです。

セックス相手を探している子もいますが出会いからの本命を見つけようとしている子もいます。

ですが大人な男性の場合ですと、どちらを探していたとしても上手くことを進めていけばセフレにすることは可能です。

ただし、女子大生を語った援目業者や詐欺などもあります。

その点についてはやり取りをする中で気をつけていきましょう。

女子大生に出会ってからセフレにもっていくまで

 女子大生はセックスに興味のある子も多く、また、最近セックスをはじめてしたという子も多いので、新しいことを知って、ちょっとセックスにはまりつつあるという子もいます。

そのため、比較的、セフレにもっていくことも容易なことではありますがいくつか注意しなければいけないこともあります。

なるだけ堂々と振る舞い女の子に大人を感じさせる

 女子大生は少し前までは高校生でした。

そのため、まだ子供の部分も残っており、同年代と違う大人を見ると、憧れを感じることも多いです。

そのため、そこは利用するべきところで、出会ってからは、子供扱いをする部分と大人として見てあげる部分を使い分け、女の子が自分も大人になっているということを感じさせてあげることが重要です。

その中で、大人の社交としてセックスをするように導いていきましょう。

もちろん、そこまでの段階として、食事に行くのも男性の方でオシャレなお店を調べ、女子大生があまり行ったことのないようなお店をチョイスし、男性が普通にお金を出してあげるなどをしておくとセックスに至る前に、充分に大人の雰囲気を味わっていることでしょう。

セックスをし、その日別れるときは、次に会う日を決めておく

 女子大生は時間に融通をつけやすいです。

そのため、セックスをした後、帰る前に必ず次に会う日の約束をしておきましょう。

そうすることで、時間のない社会人が仕事の合間の都合つけやすい時間に彼女のために時間を作ったという感じを作ることができます。

時間管理も大人のやり方でやっているというのを見せるのもよいことです。

出会うのはできるだけ平日の夕方からがよい

 女子大生は会う時間について融通をつけてくれます。

ですが、休みの日に出会う約束をするようになっていくと、1日通してデートをするようになってしまいます。

この場合、だんだん本命へとなっていく可能性が高く、セフレを作るという目的からはズレてきます。

平日の夕方以降に出会うようにすると仕事後に会うため、夕食を食べホテルに行って終電前に解散という流れにすることができます。

なるだけセックス以外のことに時間をかけないセフレにするには平日の夕方に会うことがおススメです。

デートの流れは毎回同じようにする

 あくまでも目的はセフレを作るということです。

そのため、夕方に夕食を食べた後、ラブホに行くという流れを毎回するようにしましょう。

夕食に行くところはその都度、オシャレなお店を探していくお店を変えても良いですが、その後、ラブホに行くということは毎回しましょう。

そうすれば、女の子の側も、この人とのデートはそういう流れだということが頭の中に定着し、なんの違和感もなく毎回セックスをすることができるようになります。

まとめ

女子大生をセフレにするというのは出会いからセックスに至るところを含めても比較的容易にもっていくことができます。

大人の雰囲気を出し、憧れを持たせさえすればあとはいいようにもっていくことができます。

ただし、時間があり、セックスだけでなく恋愛に興味があるという女子大生が多いため、恋愛の対象として見られていくようになる可能性も高いです。

恋愛の対象としてみられると、女子大生には時間があるため、男性が束縛されるということになることもでてきます。

うまくセフレへともっていくよう注意する必要があります。

▼その他の職業別セフレ募集攻略▼

-職業別セフレ攻略

女子大生をセフレにするための出会い方と方法

Copyright© セフレ募集掲示板より簡単な出会い系サイト2018-ピュアセフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.