セフレ募集掲示板より簡単な出会い系サイト2018-ピュアセフ

セフレにすらしたくない!?そんな悲しい女性の特徴6選!

セフレにすらしたくない!?そんな悲しい女性の特徴6選!

更新日:

セフレにしたくない女性の特徴

気になっていた男性に流されて“セフレのような関係になってしまった!!”という女性も多いのではないでしょうか?
しかし気になっていた男性が相手ならなおさらそんな状態に納得できるわけがありませんよね。

“本命の女になる!”と自分を鼓舞してみたはいいものの、間違った方法で男性にアプローチをしてしまうと肉体関係になる前よりも返信が遅いと感じる様になったり、会う約束も中々してもらえないなんてことにもなりかねません。

つまり本命になるどころか“セフレとしても役不足”という悲しいレッテルが貼られてしまったということです。

下記ではそんなセフレにすらなれない女性の特徴について控えめながら男性目線でご紹介させていただきます。

告白をしてしまう

“Hもさせてあげたのになんで告白したら駄目なのよ!!”と思うのは当たり前です。

しかしなぜ告白してはいけないのでしょうか?

それは、現段階では男性があなたに対して恋愛感情を抱いている可能性が低く、セフレとしての関係を続けていきたいと考えている可能性が非常に高いからです。

あくまで全員というわけではありませんが、男性は好きな女性とHをしたら自分のものにしたがるため告白をしてくるはず。

つまりあなたのことが好きならすでに現段階でお付き合いしているはずですし、そうでなければただのセフレとして仲良くしていたいというのが、Hをしたけど付き合おうと言ってこない男の考えです。

逆にあなたのことを遊び相手と認識してしまった彼に告白をしてしまうとどうなるでしょう?

これは少し酷なようですが、彼は面倒くさい女に当たってしまったと考えて早々にあなたとの関係を終わらせて次の女性に行ってしまうリスクが非常に高いといえるでしょう。

男は回数を重ねたら「情」が移る可能性がある

短期セフレの場合は別ですが、長期セフレの場合遊びのつもりだった男性が好意を持ってしまうケースが多くみられます。

その究極が風俗嬢に本気の恋をしてしまうケースですね。

これ僕も結構理解できるんですが、面倒くさくないセフレって途中から本当に付き合っても楽そうだなあと思ってしまうことがあります。

そのためあくまでこれは1つの策としてですが3ヶ月~半年間はセフレの状態のまま情が移るのを待ってみていいかも知れませんよ。

彼女面してくる

これは上記の告白せずに行動で示している場合ですね。

要はH以外のときにもベタベタしたり、エスカレーターで進んでいる時にキスをしてきたり・・・等があげられますがここまではまあ男性側としても我慢できます。

しかし誕生日プレゼントの催促やクリスマスに二人でどこかに行こうとお願いしてしまうと話は別。

このように彼女と同じような扱いを求めてくるのも上記と同じ様に面倒な女というレッテルを貼られてしまい関係は終わりに近づいてしまいます。

厳しいようですが彼女ですらクリスマスに一緒にいるのを面倒くさいと思っている男性が多い中、ただのセフレにそこまでしてくれる男性はそういないということを理解しておく必要があります。

ヤキモチを妬いても表に出さない

男性とセフレになってから1ヶ月も経てばわかると思いますが、男性はムラムラすると連絡を取って次の予定を合わせようとしてきます。

男は性欲にだけはとても素直な生き物なので、単細胞生物と変わりません。

その時はとても上機嫌であなたのことをさも大切な女性として扱うでしょう。

しかしそこで勘違いして自分の事を相手も好きだと思い、例えばその男性が“週末に○○と合コン行ってくるわ!”と言ってきた時にあなたが取るべき行動は1つ。

“いってらっしゃ~い♡”だけです。

男性目線からすればヤキモチを焼いてほしいと思っている方も少なからずいるとは思いますが、そこで思惑通りにヤキモチを焼いてしまうと相手の思う壺ですし、完全にこの女“俺様に惚れてやがる!”と調子づかせるだけですからね。

あなたはあくまで男性に対して興味がないただの割り切った肉体関係だというくらい毅然とした態度をとることで、男性は“あなたをまだ落としきれていない?”と勘違いして、再びあなたを追いかけ始めるきっかけになるかもしれません。

少なからずあなたが思い通りに動く度に男性としてはあなたに興味が薄れていってしまうということは理解しておく必要があるでしょう。

すぐ感情的になる

セフレという不安定な関係性にストレスが溜まって自分でも予想していなかったような発言をしてしまう時あると思います。

女性の怒鳴り顔は怖いので僕はもう見たくありません。

上記から見ても我慢の連続のため感情的になるのも理解できますが、一度の感情的な負の発言によってせっかく積み上げてきたものが無駄になってしまったら勿体無いですよね。

破壊力抜群、効果抜群の負の発言をどれだけ冷静に相手に伝えるというのが問題ではなく、相手以外のなにかにその負の発言をぶつけるようにすることが重要です。

強い気持ちは引きずってしまいますし反すうしてしまうものですが、スポーツや友達に相談することでその感情を収めていきましょう。

相手に負の発言をぶつけてしまっている場合の対処法

多少の時間は必要で2~3週間は放置しておいたほうが良いでしょう。

喧嘩をしてからすぐに連絡を何度もするとさらに男性は逃げようという気持ちが強くなっていくだけですので注意が必要です。

負の発言をしてしまった時にもっともやってはいけないのが、相手が避けようとしている時に追いかけること。

また謝る際は相手の悪い点をいうのではなく、感情的になってしまったことを素直に謝ってから自分の気持ちを伝えるようにしてください。

この伝え方もポイントがありますので参考にできると思った方は是非利用してみてください。

それは“問いかけるのを辞める”ということです。

例えば①あなたはどうして私への返信が遅いの? ②なんで他の女性のことばかり見るの?などです。

この質問形式だと相手はあなたの質問に対しての回答をしないといけないという責任や罪悪感から逃げようとして、最悪の場合金輪際関わらないように逃亡されてしまうかもしれません。

そのためこのような質問形式ではなく、下記のように自分の気持を訴えるようにしてみましょう。

上記の内容で言うとこんな感じになります。

  1. あなた連絡をあまりくれないけど私結構寂しいからね
  2. 他の女性ばかり見ていると私ヤキモチやいちゃうわ

など少ししおらしく伝えるようにすれば相手も負の感情をぶつけられているわけではないので、上記の内容よりもずっと返信がしやすくあなたに対しての印象も変わるはずです。

ちなみにセフレに対して上記の内容を送るのは個人的にはアウトです。

特に②はきついです。笑

LINEが長文

長文のLINEは男性からすればすこぶる重たいだけなのでNGです。

例えばですが、自分が2行のLINEを送信しても相手の返信が毎回10行以上だったらちょっと引いてしまいますよね。

セフレとしての関係を続けていくもしくは本命になるためには、自分の事を知ってもらおうとさらけだすのではなく、相手への好意は隠してあなた自身に興味を持ってもらえるようなLINEの内容を作成する必要があるということを覚えておきましょう。

中身のない内容を送るくらいならさっさとLINEを終わらしたほうがいい

良く恋愛指南書などを読むと終わりには“?”とつけた方が返信しやすくて良い!というアドバイスを見かけますが、 このアドバイスよりも簡潔かつ中身のあるLINEの方が男性からすれば好印象。

例えば“北海道はいまも寒いの?”や“東京はいま桜咲いているの?”などですね。

これが好きな女性以外からこういった内容のLINEが着た時には残念ながら男性は結構嫌な顔をしている場合が多いです。

天気予報やNEWSをみればわかる中身のないことをわざわざ聞いてこられると、そのやり取りが苦痛でしかなく言ってしまえばただの“負担”になってしまいます。

100回のLINEのうちの1回がこのような内容の場合は致命傷にはなりませんが、この割合が高くなれば高くなるほど男性はその負担に嫌気がさしてあなたの元から離れていこうとしてしまうでしょう。

LINEの頻度や内容等はセフレとしての関係を継続するためには重要だということを理解しておく必要があります。

周りの友達にHのことを言いふらす

これは当たり前ですが論外ですよね。笑

個人的にはその夜のことを親友には言ってしまう女性がほとんどだと認識していますが、その事を本人に聞かれてしまうような相手に言ってしまうのは単純に頭が弱い女性だと思われても仕方が無いと思います。

あくまでもその夜のネタを自慢したいのであれば、信用のできる同性に報告してのろけるなりけなすなりして満足しておくまでに留めておきましょう。

万が一相手の耳に言いふらしていることが知られれば、二度とあなたと関係を持ちたがりませんし、その男性の周辺もあなたに対して“抱いたら言いふらす女”というレッテルが貼られてしまうため新たな出会いのチャンスも遠のいてしまう危険性があります。

男性側が言いふらしていた時の対処法

これは本気で男性のことを好きだった場合も火遊びのつもりだった場合も“災難でしたね”としか言いようがないです。

正直このような男性とは縁を切るしか方法がないです。

そういう人間だということを知っていれば肉体関係になんてなっていなかったのですから後悔してもどうしようもありません。

また、そんな男のことが好きだったのなら諦めるきっかけにもなるのでむしろあなたにとって無駄な時間を過ごさなくて済んだという点では好都合でしょう。

こういう事を言いふらす“頭大丈夫か?”という男性も女性も実際にいて、僕の周りにも○○抱いたぜ~などと自慢してきた知り合いも確かにいました。

しかしそのような人間にあなたが怒りのメールを送っても、相手には本当になぜなのかこちらの意図することが伝わりません。

セフレを探している女性は、あらかじめその人間がセフレとして適した人間かどうかをチャックしておくのがベストです。

遊びなれていない男性や言動や行動が軽率、考えすぎたり思いつめたりしすぎる男性はセフレにするのは適していないということを理解しておきましょう。

金がかかる

セフレに対する男性の考えとしては、性欲さえ満たせればいいのでまっすぐラブホテルに行ってHだけして終電で帰るのがベターです。

このように男性は思っていますが、読んでくれているあなたを怒らせたいわけではありませんのでご了承ください。

もちろんこれじゃ悲しすぎるというのも納得ですが、ご飯食べてお酒もたくさん飲んで結局宿泊して一日で数万も使ってしまうようなセフレなんて男からすれば要ナシになってしまいます。

風俗嬢の方が確実に安いですからね・・・。

僕も数年間続いているセフレがいますが、温泉旅行に連れて行ってくれとせがまれて彼女にばれるのも面倒だったので当分の間連絡を放置していた経験があります。

しかしラブホ集合ラブホ解散を好きな相手にされたら悲しいと思うのも理解できますし、ご飯くらいはせがむようにしても問題はないと思いますよ。

個人的には “私はあんたの芋虫にしか興味ないわよ!飯なんて一人で行きなさい”くらいの方が好印象でケツを追っかけたくなるのは間違いありませんけどね。

セックス前食事をするのはNG?

より良いセックスライフを送るために是非知っておいていただきたいのですが、セックス前に食事を摂るのはNGです。

これは満腹中枢と性欲中枢が近い場所にあることが原因で、性欲の低下だけではなく性的な快感すら弱まってしまうためです。

ちょっと行き過ぎた話しだと思われるかもしれませんが、超一流のスポーツ選手が試合前に食事を摂らないのと同様に、本当に気持ちの良いセックスをしたいのであるならばセックス前に男性に食事をさせないようにしましょう。

セフレの関係を続けたいなら面倒くさい女認定されないことが重要!!

いかがでしたでしょうか?

本記事では“セフレにすらしたくない女性の特徴”についてご紹介してきました。

  1. 告白をする
  2. 彼女面をしない
  3. すぐに感傷的になる
  4. メールが長文
  5. 周りの友人に言いふらす
  6. 金がかかる女

これが本記事で紹介した特徴でしたね。

本記事を読んでいただいた方はわかると思いますが、セフレとしての関係を続けるだけで我慢しなければいけないことが本当に数多くあります。

もちろんお互いがセフレになることを願っているのなら“我慢”なんてことは必要ありませんが、あなたが相手のことを好きな場合はメンタル的な負担が大きいです。

人の気持ちは自分の思い通りに動いてくれないためどうしようもないですが、セフレとしてでもその人の隣に居たいと思うのかどうか一度ゆっくり自分の気持に問いかけてみてはいかがでしょうか?

-セフレ募集基礎

Copyright© セフレ募集掲示板より簡単な出会い系サイト2018-ピュアセフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.